行政書士の通信講座の比較

行政書士の勉強を始める切っ掛け
トップページ ≫ 日本マンパワー

日本マンパワーの行政書士講座ってどう?

日本マンパワー

日本マンパワーは人材派遣やキャリアコンサルティングなどの多くの事業を展開する企業。 その中でも人材育成事業に力をいれており、資格通信講座は110を超える種類を扱います。

日本マンパワーの行政書士講座は初心者からある程度法律の知識がある人まで、広く門戸を開いています。ここでは日本マンパワーの行政書士通信講座をもっと詳しく紹介します。

学習期間と添削サービス

学習

1日に1~2時間の学習として、標準的な受講期間は6か月です。1か月に1回、添削課題を提出するようになっています。記述式問題の添削課題だと、提出後3週間から4週間で返却されてきます。

マークシート式添削課題の場合は提出してからおよそ10日間前後で返却されます。 添削は専任講師によりおこなわれ、採点だけでなく講評も書かれています。添削課題を利用して自分の弱点やクセを発見できます。

大きな特色としては、添削課題の提出方法が「マークシート添削コース郵送」か「ウェブ添削コース・インターネット」かで選択できるようになっていることです。 後者のウェブ添削コースは、今時のウェブ学習の長所と書籍での学習の長所の両方からいいとこ取りをしたコースだといえるでしょう。添削・採点のほか質問受け付け、資格試験情報などのサービスがあります。

とにかく安い受講料とテキスト内容

サポート

もうひとつの特色は受講料が非常に安く、3万8850円(教材費を含む)です。一番安い資格スクールの1つではないでしょうか。さらに、過去3年間以内に日本マンパワーの他の講座を受講したことがあれば割り引きして3万5700円になります。

テキスト等は詳しい解説が豊富で、単なる暗記で終わらないようになっています。法律知識が体系的にしっかりと身につきます。じっくり読むタイプのテキストです。一見「読むのが大変そう」と思う人もいるかもしれないですが、試験に一発で合格することに照準を合わせ的を絞ったテキストです。また、毎年の法律の改正情報が分かる冊子もついてきます。

合格後のキャリアサポート

ほとんどの受講生はもちろん行政書士試験に合格することが目的ですが、日本マンパワーの講座ではただ単に試験に合格することのみではなく、社会人として必要な法律知識を身に付けられるような内容のカリキュラムになっています。

派手で人目を引くような教材やサービスはないものの、真面目で誠実な学校です。

信頼の講座ですが資料請求をして調べて下さい

値段で迷う

日本マンパワーの行政書士通信講座は料金も安く信頼の講座ですがすべての人にこの講座が合っているとは限りません。必ず資料請求して他の講座と比較しましょう。

当サイトでもなるべく詳しく講座の魅力を紹介しようと努めていますが、資料にはここにはない細かな情報がたくさん掲載されてます。

  • フォーサイト
  • たのまな
  • 伊藤塾