トップページ ≫ 資格スクエア

資格スクエア

資格スクエア

資格スクエアは法律、会計、マーケティングなど多岐にわたる資格試験専門校です。脳科学に基づいた問題演習機能「脳科学ラーニング」や、資格スクエア独自の勉強方法「スクエアメゾット」などでムダを省き、学習者の負担を軽減したカリキュラムが特徴。

合格のために必要な「テキスト」「問題演習」「講義」「サポート体制」の4つに的を絞り、無駄を省いて低料金を実現しています。

ここでは資格スクエアの行政書士講座について詳しく解説します。

資格スクエアの詳細はこちら

資格スクエアの行政書士講座の特徴

資格スクエアのテキスト

資格スクエアの行政書士講座は、合格点に焦点をおいて講座を提供しています。お得なパックプラン基礎講座・過去問講座・直前講座の問題演習・質問機能を省いた価格を抑えたプランです。

オンライン講座なのでどこでもいつでも学習できます。また過去問重視の講座になっていて継続を意識した講座内容になっていて、スケジュールが少し崩れても修正しやすくするため講座を単元ごとに区切り、時間や場所を選ばず通勤・通学のスキマ時間でいつでもどこでも気軽に勉強できます。

21段階の倍速機能もついていて講義時間を最大3分の1に短縮でき、条文リンク機能もあり六法全書を使わずに条文を参照できます。合格キャッシュバックキャンペーンも行っています。

資格スクエアのスクエアメソッドとは?

スクエアメゾット

スクエアメソッドは、勉強の継続と効率を両立させる勉強方法です。スクエア(SQUARE)のSはSelf-learningで、最初の段階では講義を聞いて自分でテキストを読みます。QUはQuestionで、自分で学習した後にすぐに問題演習を行います。解答するのはアウトプットの作業ですが、脳科学ではこのアウトプットが、テキストを読むといったインプットよりも重要と言われています。インプット1に対してアウトプット3の比率が理想的です。

AはAdviceです。わからないところはすぐに質問をして的確な解答を得ることができます。REはRepeat、つまり繰り返しで、S →QU→Aのサイクルを何回も繰り返します。

資格スクエアの行政書士講座で資格を取った人の共通点は?

合格

受講者の学習法の共通点は、みなさん隙間時間を有効活用している点です。

行政書士の資格を取得するには、専門学校や予備校に通学し、学習するのが一般的ですが、資格スクエアの独自の学習メゾットとIT技術を駆使したオンライン講座でスマートフォンさえあれば、通勤途中や休憩時間・待ち時間などに学習ができるため合格できたという声も多く、 通学と比べて続けやすいのがオンライン講座の特徴です。

資格スクエアの詳細はこちら