行政書士講座比較

行政書士の勉強を始める切っ掛け
トップページ ≫ TACの行政書士講座

問題的中率がすごいTACの行政書士講座

TACのロゴ

TACは、講師・カリキュラム・教材に力を入れ、高い合格率の実績を持つ、全国に直営校22校舎と提携校16校舎を持つ大手の資格スクールです。教室は、すべて駅から近くの好立地の場所にあります。

TACの行政書士講座が選ばれる理由には、戦略的カリキュラム、頼れる精鋭講師陣、問題的中率の高いオリジナル教材、にあります。

ここではTACの行政書士講座の通信、通学講座両方について詳しく解説します。

戦略的カリキュラムの特徴

行政書士の仕事

TACが掲げる「戦略的カリキュラム」とは、TACが長年に渡って研究してきた 効率よく実力を身につけ短期合格を実現させるカリキュラムです。

TAC自慢の講師陣、オリジナルテキストにて知識のインプットを行い、 ミニテスト・科目別答練・上級演習答練・実戦答練・総合答練・公開模試・直前答練などを 通しアウトプットの機会がたくさん設けられています。

教材も短期合格を実現するために、長年の受験指導ノウハウを活かし、試験傾向や法改正が分析され尽くした 「オリジナル教材」を使っています。

またその「戦略的カリキュラム」も改正され、進化し続けています。現在(2012年)も初学者向けカリキュラムの大幅改正があり 主要科目である「民法」「行政法」の科目別答練の回数を増やし、TACの特長であるINPUTとOUTPUTを繰り返して知識の定着を図るカリキュラムが、より強固なものとなりました。

問題的中率がすごい

教えるイラスト

TACのテキストはすべてオリジナルテキストです。試験傾向や法改正などを十分に解析し、毎年教材を改訂しています。

しかも本試験での問題の的中率は高く、毎年実際に的中した問題をネットで公開しています。なかなか的中内容をすべて公開してる講座はありません。昨年度もほとんどの問題が的中しています。

TACのテキストを信じてしっかり受講していけば、本試験対策も十分できます。

TACの行政書士講座詳細はこちら

選べる受講スタイル

通学講座 教室講座
ビデオ(DVD)講座
通信講座 Web通信講座
DVD通信講座
ダウンロード通信講座
カセット通信講座
資料通信講座

TACの行政書士講座は受講方法もたくさんあります。通学スタイルとしては教室講座、ビデオ(DVD)講座から選べます。また、通信講座も、Web通信講座、DVD通信講座、ダウンロード通信講座、カセット通信講座、資料通信講座と選択肢がたくさんありますので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

通信講座

サポート

サポートしてるイラスト

TACの行政書士講座はサポートも万全です。教室講座の場合だと、欠席しても振替制度で別の日に受講できたり、欠席した講義を自宅で受講できるテープレクチャー制度、個別ビデオブースにて授業のDVDを見れるサポートがあります。

通信講座の場合だと、自習室を無料で利用できたり、11回までは教室で無料受講できるサービスなどがあります。また、通学・通信講座両方ともに、受講生と講師とのコミュニケーション学習が可能である「i-suppot」が利用でき、ここで質問メールができたり、全国の勉強仲間とコミュニケーションを取れますし、試験に関する情報なども見ることができます。TACはサポート体制も万全のようです。

コースは?

学生

講座は、初学者から受験経験者、試験合格者にまで対応できるコースが展開されています。

例えば、最もスタンダードな初学者向けの人気コース「総合本科生」(全70回)は、入門・基礎編から応用、試験直前対策まで自然と合格レベルまで到達できる内容になっています。実際の内容は基本講義 法令全46回・一般常識全9回、科目別答練全7回、総合答練(答練・解説各2回)、公開模試1回、直前模試(答練・解説各2回)となっています。その他にも行政書士入門実務講座や答練パック、実力完成パックなどたくさんのコースがあります。単科生という必要な科目のみを受講するコースもあります。

熱心な講師と、充実のカリキュラム、そして分かりやすい教材により合格できたと合格者の方たちは実感されているようです。

TACの行政書士講座詳細はこちら