トップページ ≫ 行政書士の資格を独学で

行政書士の資格を独学で取得する

独学

行政書士を独学で勉強するに当たってのメリットやデメリット、 コツなどについて紹介していきます。

結果から言ってしまいますと行政書士の資格はまったくの初学者の 独学では合格は難しいです。法律関係の仕事に従事されてる方や大学の法学部 出身ということでしたら独学でも十分に合格は狙える資格です。

独学で勉強するメリット

管理人

行政書士の資格の勉強を独学でするメリットは 時間に縛られることなく勉強を自分のペースで 進めることが出来るというものです。

それから、 勉強にかかる費用が非常に 安く済むという点などになります。 自分でしっかりと学習計画を立てることが出来る、法律についての知識がある 程度ある、受験 についての知識を持っているといった人は、独学で勉強して も十分合格は可能です。

独学で勉強するデメリット

一方でデメリットといったら、誰も見ている人がいないため、いつでもやめ ることが出来る。分からない問題が出たときに誰にも聞くことが出来ない。

集中力の持続がどうしても難しいなどといった部分です。これらの問題については、 独学で勉強をするにおいては必ずあたる壁です。

法律系初学者は通信かスクールは必須?

独学のメリットやデメリットについて紹介をしたのですが、個人 的にはやはり 確実な合格を目指すのであれば、通信教育やスクールでの勉強をお勧めし たいと思います。

通信教育であれば、自宅で勉強する独学の形式に加えて、分かりやすい解説も 付いてきますし、分からないことがあれば質問することも 出来ます。

それによって、何も分からなくなったから勉強をやめるといった事態も防げます。 スクールについてはこちらは生の講師による授業を受けられわからない所はその場で質問でき ますし、何よりも同じように行政書士の合格を目指し ている仲間と共に勉強が出来るため、 モチベーションを高いレベルで維持することが可能です。

確かに独学は費用も安いですし好きな時間に勉強ができますが 合格するまで長い時間がかかります。社会人の場合費用よりも もったいないのは時間です。通信やスクールは費用が掛かりますが 行政書士として働けるならすぐに回収できます。学費は自身への 自己投資と割り切るべきです。しかし時間は取り戻せません。

長い期間かけて独学で勉強するより最短で目的を達成した 方が実は大切な時間を買うと言う意味では得だったりします。 そういった意味では初学者にとって通信、スクールは必須かと思います。

  • フォーサイト
  • たのまな
  • 伊藤塾