行政書士の勉強は過去問が必須?

行政書士の勉強を始める切っ掛け
トップページ ≫ 過去問は必須

行政書士の勉強に過去問は必須?

勉強するイラスト

過去問は教材の中でも重要な役割を持っています。過去問を徹底的に解く勉強法は、行政書士試験だけに限らず、何の資格勉強においても合格のカギでもあります。通信講座などにも過去問が付いている講座もありますし、市販もされていますし、ネット上でも公開されています。ここでは行政書士試験合格に向けた過去問を解く勉強法について紹介します。

行政書士の過去問は先にやってしまう

管理人

過去問は予想問題でもあります。全く同じ問題が出る可能性は高くありませんが、同じような範囲が狙われています。流れにもよりますが、たとえば過去に多く出題された問題は、試験でも出される可能性があるでしょう。

行政書士の過去問の場合、講座によってはトレンドを重視するためあまり重要視しない所もありますが、現在の出題傾向を把握するためにも過去問に目を通す必要はあります。

通常過去問はテキストをじっくり読んだあとの力試しとして利用するものなので、先には利用しないという人も多いと思います。しかし、過去問は先にやるべきです。なぜなら、過去問を解くことによって、色んな情報を得ることができるからです。試験のレベルを知ることができます。やはり実際に過去問を解いてみないと、これから勉強する上でどのくらい掘り下げて勉強してよいか分かりませんし、どのくらい広く勉強すればよいのか見えません。過去問を解けば、これからの学習スケジュールを効率的に立てることが可能です。過去問はなるべく早い段階で解いてみて、分析した方が良いでしょう。

過去問は最初は解けなくて当然

教わる

過去問を勉強開始して間もない頃に解いても、さっぱり分からないと思いますが、それは当然の事なのであまり気にしないで下さい。当然ではありますが、実際に出題された問題が過去問ですので、過去問はゴールなのです。もしこの時点で解けるのであれば勉強する必要はないのですから。この時点で過去問を利用するのは、あくまで分析のためなのです。分からなかったらテキストを調べましょう。過去問を解いて分析したら、これからどういう勉強をどの程度しなければならないのかを必ず感じ取りましょう。

もちろん基礎知識はしっかりと覚えるべきですが、過去問練習に入ってからでもできます。テキストでのインプット学習はほどほどにして、過去問練習の時間を十分に確保しましょう。

過去問題集を選ぶ際のポイントとして、解説が詳しく書かれてあるものを選びましょう。通信講座や教室に通ってる場合は教材に付いてくる場合が多く、その場合は購入する必要はありません。