トップページ ≫ 行政書士は独立できる

行政書士は独立できる?

独立

行政書士を目指す人は年々、増えているといわれています。若い人も年配の人も、幅広い年齢層の人が資格取得の勉強をしているようですね。目指す理由を聞いてみると、行政書士の魅力のひとつに「独立して自分で開業することができるから」と答える人は非常に多いです。実際のところはどうなのでしょう。

行政書士独立開業のメリット

開業

行政書士が開業するのにそれほど莫大な資金がかかるわけではないというメリットがあります。自宅の一室をオフィスとして行政書士を始める人はたくさんいます。開業する時に必要な機器もパソコン、プリンター、固定電話、ファクシミリくらいのものでしょう。 ただし、行政書士会に事務所登録をするさい、規定にきちんと合っている事務所でなければ問題になります。規定をクリアできる自宅なら、自宅開業は可能です。

他の面からみたメリットは、会社員と違って仕事の時間を自分で決められるということです。とくに小さい子供のいる女性などには利点となるでしょう。また、独立開業している人には当然定年もありません。

成功は努力次第

管理人

企業に勤める会社員と違うのは、営業成績が上がればそれがすべて自分の年収アップにつながるという点です。 しかし、開業してすぐに高収入になれるわけではありません。仕事が軌道に乗ってくれば会社員だった時代より年収がアップする人もいますがやはり現実は厳しく、行政書士だけで生活できるまでに数年かかる人も大勢いるようです。ある程度貯金をしておいてから開業することも考えた方がいいかもしれません。

独立開業者は全部自分の努力しだいです。開業当初は1回だけの単発の顧客が多くなってしまうかもしれませんが、末永く付き合える顧客を獲得すれば年収アップにつながるでしょう。

独立前に修行

資格を取得してしばらくはどこかの行政書士事務所や法律事務所に所属、または企業に就職・転職してその後、自分で独立して開業する人もいます。この場合は給料制ですので仕事がある無しに関わらず収入は安定します。

企業内の法務部のような部署では法律に詳しい人や専門家は求められています。「社内の事情と法律の両方を理解している人材」というのは戦力になるし歓迎されます。

また行政書士補助者と言って行政書士の資格を取る前にも行政書士事務所で働く事もできます。

行政書士補助者についてはこちら

いずれにしても、資格を取得した後、独立開業した後こそが大事だということは他のビジネスと変わりません。